浴室でできる簡単な毛穴ケア

お肌の保湿が十分でないせいで、毛穴が開いて目立つようになることがあります。水分が不足すると、皮膚は外部の刺激から肌をガードする機能が低下します。その低下分を補うために、肌表面から油分が分泌されます。毛穴に入り込んだ油分の汚れを十分に除去できないでいると、油分が酸化して黒っぽくなり、黒いぼつぼつになるわけです。乾燥対策と、保湿ケアを入念にして、皮膚を乾燥させないことが第一ですが、皮膚に水分を与えても、毛穴から蒸発すればまた皮膚は乾いてしまいます。いかに化粧品を肌に染み込ませるかが重要なポイントになり、毛穴をしっかり開ききることが大切です。基礎化粧品は肌の奥深くに届いてこそ真価を発揮するものなので、まずはお風呂で洗顔をします。皮膚にこびりついた汚れや、毛穴の奥にまで入ってしまった汚れを取り除くために、お風呂のぬるま湯で毛穴を開かせます。風呂上がりの浴室は、水蒸気で室内が覆われていて湿度が高く、湯を使っていたために浴室内の温度が高くなっていますので、皮膚は柔らかくなっており、毛穴も開いていて、スキンケアを施すの適しています。まずお風呂場の中で美容液や化粧水を使ったケアをして、クリームや乳液は蒸気でふやける可能性があるので、風呂場の外で使います。毛穴から水分が蒸発しないように、クリームを塗り広げて皮膚を包み込みましょう。乾燥は水分が蒸発するときに一番酷くなるので、お風呂上がりは迅速なスキンケアを心掛けましょう。お風呂で実践できる簡単な方法で、乾燥知らずの毛穴ケアが実現できます。薬用ちゅらトゥースホワイトニングを3か月使った口コミレビューはこちら